健康

肌かさかさ乾燥肌がつるつるしっとりになる方法(実体験)

投稿日:

目次【本記事の内容】

肌がかさかさしていて、いろいろ手入れしてもつるつるにならない。どうしたらつるつるしっとりになるのだろう。という人は多いと思います。
私がそういう人を観察していて、また、自分がよく肌が綺麗だと言われるのですが、自分はなにかしてるか考察した結果、仮説ですが、結論がでました。それを書いていこうと思います。

1.肌がかさかさの原因

肌がかさかさの原因は、手入れしすぎることです。それによって、皮膚の油成分が必要以上になくなり、かさかさになっていると思われます。
気にしている人ほど、手入れのために、ケア商品を購入して試していると思われますが、それが逆に原因になっていると思います。
肌に悩んでいる女性がいたのですが、さまざまなケアをしていて、肌をみると、磨き過ぎなぐらいでした。その人は乾燥肌のようですが、これは手入れしすぎだなと思いました。
ではどうしたらいいか。

2.肌がつるつるになる方法

では、どうしたら、肌がかさかさからつるつるしっとりになるのでしょうか。

2-1.肌つるつるになる方法 その1

それは、洗わないことです。厳密には、お湯や水だけで洗ってください。石鹸やボディソープなど、油分を溶かすものを使って洗わないことです。
汚い!と思われたと思います。
なぜ洗わないかといいますと、それによって、自然にちょうどいいだけの油成分が皮膚に保たれます。体が油成分の量を勝手に調整してくれます。なので、お湯や水だけで洗ってください
いや、そうだとしても、石鹸など使わずに体を洗うなんて汚いよねと思う人がいると思います。
なので、一部だけ石鹸で洗ってください。汚れているところと、角質が硬くなりそうなところです。
具体的には、頭(頭は普通にシャンプーしてください)、陰部、肘、ひざ、ふくらはぎ、くるぶし、足裏、足先です。
その際に、ナイロン製のタオルはできたら使わない方がいいです。ナイロン製のタオルはとっても汚れが落ちるのですが、必要な油成分も余分に落としてしまいます。ナイロン製のタオルを使うのであれば、かかとや、くるぶし、肘とかの角質が硬い部分に使ってください。
普通のタオルは皮膚に対してソフトなので、普通のタオルを使用してください。普通の石鹸をつけて、上に書いた、一部だけ、軽く洗ってください。
夏は汗をかいて、汚れやすいですが、冬場は汗をかかず、あまり汚れないので、あまり洗わないでいいです。
タオルを使わず、手を使ってもいいです。石鹸を手にとって、手になじませ、手で洗います。角質が硬いところは、これでは弱いので、タオルを使いましょう。角質が硬いところはナイロン製のタオルでもいいです。
また、シャンプーを石鹸がわりにするのも経験上いいと思います。石鹸よりソフトで、石鹸ほど油成分を取らない感じです。頭洗った後その流れで、汚れたところをシャンプーで洗うのもアリだと思います。
ポイントは、洗いすぎないことです。できたら洗わない。

2-2.肌つるつるになる方法 その2

もう一つおすすめの方法は、冷水摩擦です。これをやると、皮膚が引き締まって、綺麗になります。
やり方は、タオルを水に付けて、湿らせます。絞って、体をこすります。一箇所10回程度します。体全体をこすります。乾布摩擦というのがありますが、それと同じことを湿らせたタオルでやります。
たまに水に付けて、軽く洗って絞り、それをまた使います。水が多少汚れてきますが、この石鹸などを付けずに、こすって落ちる汚れぐらいが適切な汚れの落ち方だと思います。
最初は皮膚が痛く感じますが、やっているうちに痛くなくなります。皮膚が引き締まって強くなってきた証拠です。

この2つをしている自分は肌が綺麗だと人からよく言われます。それぞれ他の理由で始めたのですが、結果肌がしっとり保たれています。汚れも自然と出なくなります。
タモリさんも確か洗わないと小耳にはさんでいたので、ググったのですが、タモリ式入浴法というのがあるみたいです。よく似ています。そちらもググってみてください。

3.まとめ

肌がかさかさの原因は洗いすぎ
肌がつるつるになる方法は、洗わないこと。
または、汚れているところを軽く洗う。
また、冷水摩擦をすると、皮膚が引き締って強くなり、美肌になる。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

軟酥の法という瞑想法について

軟酥の法という瞑想法がある。白隠禅師―健康法と逸話(おすすめ)を偶然本屋で見つけて、実際にやってみたら、なんだかいい感じだったので、それについて書いてみたいと思う。 若い時にノイローゼ気味になった。性 …

痩せる!ダイエット効果のあるおすすめの運動3つ

痩せたい!と思う人で、何をしたらいいかと思ってる人がいると思います。そういう方に、自分がやってみて効果があった、本格的な方法をお知らせします。 痩せたい人は次の方法で痩せます。筋トレ、ランニング、タバ …

目次上ユニット