CoreserverにLaravelをインストール

webフレームワークのSinatraが簡単だったので、なにか作ってレンタルサーバーにアップしてドメインに対応しようとしたが、できなかったので、ほかのフレームワークを探した。Laravelというのがよさげだったので、Coreserverにインストールしてみた。

Laravel用ディレクトリを作る。

ルートで、laravelというディレクトリを作る。この下に、ドメイン名のディレクトリを作る。

mkdir laravel
cd laravel 
mkdir ****.aaaa.com

(****.aaaa.comは、coreserverで作成したサブドメイン)

ディレクトリ構成は、

/laravel/****.aaaa.com 
/public_html/****.aaaa.com

のようになり、同じ名前のディレクトリが二つある。

いったん、 /laravel/****.aaaa.comにインストールして、その中の一部を /public_html/****.aaaa.comに移動して、そちらのを公開する。

分けるのは、たぶんセキュリティー的に分けたほうがいいんだろうと思う。参考をまるのままやってるから、よくわかってない。

Composerをインストールする。

Composerというのをインストールする。これがないとインストールできないのだろう。

php71cli -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"

をやってみたが、できないので、

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

をやったらできた。

このcomposer.pharを一応ルートに移動させた。

Laravelをインストールする。

/laravelに移動して、

php71cli -d register_argc_argv=1 "/virtual/(ユーザー名)/composer.phar" create-project laravel/laravel ****.aaaa.com --prefer-dist

でインストール。

そして、そこにできたpublicフォルダの中身をpublic_htmlのなかに移動する。

mv /virtual/(ユーザー名)/laravel/****.aaaa.com/public/* /virtual/(ユーザー名)/public_html/****.aaaa.com/

そのあとは、移動したフォルダの中のindex.phpを開いて、

require __DIR__.'/../vendor/autoload.php'; => 
require '/virtual/(ユーザー名)/laravel/****.aaaa.com/vendor/autoload.php';
$app = require_once __DIR__.'/../bootstrap/app.php'; => 
$app = require_once '/virtual/(ユーザー名)/laravel/****.aaaa.com//bootstrap/app.php';

と変更する。これで、****.aaaa.comにアクセスすると、表示される。

参考:

XREAでLaravel5.6を導入する方法

LaravelをCORESERVER(XREA)で動かす

Composerをインストールしてみた

ZohoメールをiPhoneで受信する

もともとZohoメールをiPhoneで使ってた。一時期からエラーがでて受信できなくなった。

設定を見直すけれど、間違えたところがなかった。スマホで使えるサービスが終わったのか?と思ったけど、いろいろ調べたらできるようになった。

Zohoアカウントのセキュリティーアプリのパスワード で例としてiPhoneと入力して作成ボタンを押す。

するとパスワードが表示される。これはZohoのログインのパスワードとは違う。この新しく作られたパスワードをiPhoneのメール設定のパスワードとして打ち込むと、無事にメールがダウンロードできる。

ゲームでも作ってみようか。

ゲーム作ろうと思って、iPhoneでSpriteKitというのが簡単そうなので、資料を探したがいいのがない。これとかやったけど、足りない。これはObjective-Cだ。自分はそれの方が、前アプリ作った時はそうだったので、助かったが、途中で意味がわからなくなって、やめた。

書籍も、古くなったものばかりで、今のSwiftに対応してない。一冊だけ2017年のがあった。3000円以上するので、今のところ、傍観。

Unityのやつだと、たくさんある。Unityで作る方がメジャーなのだろう。それでもいいけど。

楽器もプログラミングも、習得するのにえらい時間がかかって、最初何したかったか忘れる。だいたい、ゲームアイデアはないんだよね。昔の2Dのファミコンとかのゲームを再現できたらいいという軽い気持ちなんだけど、軽い気持ちではできない。ギターも、ギタリストが弾いてて、かっこいいなああんなの弾いてみたいとか思い、練習するが、全然できない。

しょうがないから、書籍を買うしかないな。昔書籍を買ったけど、積んだままにしてるのがたくさんある。軽い気持ちから、ディープなところまで、コストかけないでできないかなと思うがそうは行かないな。