Kindle

Kindle Paperwhiteを固定IPにして、ファイアウォール設定したWiFiルーターにつなげる。

投稿日:

セキュリティを高めようと、ルーターにファイアウォールを設定した。そのままではインターネットにつながらないので、ルーターにIPを登録しないといけない。しかし、Kindleは一見どこに設定項目があるのかわからない。いろいろ探したらわかったので、やり方を説明します。ここでのKindleはKindle Paperwhiteとします。

1 Kindleの設定

1:電源をいれたら、右上のドットが縦に2つ並んだアイコンをクリックすると設定とあるので、それをクリック。

2:項目で、ワイヤレスとあるのでそれをクリック。Wi-Fiネットワークとあるのでそれをクリック。

3:下のその他…をクリック。

4: Wi-Fiネットワーク 情報を入力というウィンドウが表示される。下の詳細をクリック。

5:詳細オプションというウィンドウが表視される。ここで、スワイプ(画面を押さえて、下から上に指を移動する)すると、いろいろな項目がでる。

項目の上から順に入力していく。

ネットワーク名 ルーターのSSID(ルーターの名前)を入れる。

接続タイプ DHCP スタティックとでている。DHCPは、IPを割り当てる機能だ。DHCPだと、自動でIPが割り振られるが、ルーターのファイアウォールの設定をIPが変わるたびに設定しなおさないといけない。なので、スタティックにして、自分で決めたIPを入力して固定IPとする。

ここで、スタティックをクリック。すると、下のIPアドレスとサブネットマスクが黒く表示され、入力可能になる。

ルーターが192.168.10.1だったら、ここで指定するKindleのIPは192.168.10.~だ。最後のところは好きにきめていい。ここでは192.168.10.15とする。

サブネットマスク 255.255.255.0とする。ここはよく意味が分かってないが、たいていこれで動く。わかりたい人はググってください。

ルーター ルーターのIPアドレスを入力 ここでは192.168.10.1とする。

DNS ルーターのIPアドレスを入力 192.168.10.1 DNSをルーターのを使うとこの設定だけど、ほかのDNSサーバーとか使ってるときはそれ入れる。これもよくわからないので、ググってください。自分はルーターのを使ってる。ちなみにDNSというのはIPアドレスとドメインを組み付ける機能のこと。ブラウザにドメイン打ち込んだらサイトに飛ぶが、そのとき、IPアドレスに飛んでいる。ここのドメインとIPアドレスの紐付けをやっている。IPを直接打ち込んでももちろんサイトは表示される。

セキュリティタイプ ルーターの設定の通りにする。自分のルーターはWPA/WPA2なので、それにする。

バージョン ルーターの設定の通りにする。ここではパーソナルにする。

ユーザー名 ここは白くなって入力できない。よくわからない。

パスワード SSIDに対応したWi-Fiパスワードを入力する。

これで、接続押すと、つながらない。ファイアウォールにIPを登録しないといけない。

2 ファイアウォール設定

ルーターの設定のファイアウォールのところで、指定したIPを登録する。

自分のルーターでは

インターネットIPアドレス ルーターのIPを入力 192.168.10.1

LAN IPアドレス KindleのIPアドレスを入力 192.168.10.15

方向 Internet->LANとLAN <- Internetの両方。つまり設定を二つ作る。ルーターによってここは違う。

プロトコル 全て

ファイアウォール動作 透過

とした。

これでKindleの接続を押すとつながった。

-Kindle

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした